【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:2017/06/22

体脂肪率を下げるためには、
体操はもちろんのこと、食生活も見直していかなくてはいけません。

1日3食きちんと食べることが基本ですが、
夕食はなるべく軽めにして、
寝る三時間前までには食べる事を終えるのがベストですね。

そして、
食べる事日記をつけることをお勧めします。

食べる事日記をつけると、
「ライスは食べていなくてもスナック菓子は食べている」
「連日朝食抜き」などという
イレギュラーな食生活を見つけることが出来ます。

シェイプアップのためには、
食べる事の量を減らすことを第一に考えてしまいがちが、
回数を減らすと、その分、体が貯えようとするので、
逆効果になってしまうのです。

健康的な食べる事を不規則な時間に摂るのではなく、
連日決まった時間に食べる事をするように心がけることも重要です。

不規則に食べる事をすると、
これもまた、身体が脂肪として貯えようと働き始めるので
逆効果になります。

それに、食べる事をする時には、
噛む回数も気にしてみて下さい。

最低でも20回は噛むのがベストです。
咀嚼回数を増やすことで、少ない量でも
腹が満足するようになるでしょう。

また、同じ食品でも、脂肪分の少ないものを選択して使うといいですね。
牛乳であれば低脂肪と書かれている物を選択するとか、
鶏肉であれば、ささみを使うなど…

連日の食べる事で、ちょっとした工夫を続けることが大切です。

おかずに根菜類を増やしたり、
ライスを少し硬めに炊くなんていう工夫もいいかもしれませんね。

薬味や香辛料を使う時には、
脂肪燃焼効果のあるカプサイシンが含まれている唐辛子を使うなどすれば、
よりシェイプアップ効果が見られるのではないかと思います。