【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:2017/09/22

オハYo!!ヽ(*´Д`*)ノ 。o○(ネムィ(*σД-*)。o゚)

シェイプアップを成功させるためには、
カロリーを減らして、栄養バランスのよい食事する…

と、わかってはいても
午後などはコンビニで済まさざるを得ない人もいるかと思います。

ところがコンビニ弁当でも、
工夫次第ではシェイプアップが可能なんですよ!

コンビニで売っているもの全てが
「シェイプアップの敵」ではないんです。

例えば
「半分残せばいい」と思っていても、
おやつの大袋を空けてしまったら、
結局食べきってしまうのが人の弱いところ…

でも
最初から少量のものを買えば、そんな心配もなくなります。

コンビニで売っているものはたいてい小分けされたものが多いので、
こうしたものを賢く利用しましょう。

また、コンビニで売られている食品のほとんどには、
カロリーや栄養成分が表示されていますよね。

自分の摂取カロリーを覚えておいたり、
カロリーの目安を立てたりすれば、カロリーオーバーが防げます。

さて、どんな実際選ぶにあたって…
基本的に、メインディッシュにはサラダとスープ、
デザートにはヨーグルト類を選ぶのが理想だと言えます。

お弁当を選ぶのであれば、
常にライスの量を意識してみてください。

ライスが占める割合が、
容器全体の1/4なのがベストなライスの量です。

避けたいのは、7割がライスで
残りの3割に揚げ物と焼き魚のみといったお弁当。
炭水化物や油分が多いので、太りやすいものばかりになってしまいます。

コンビニの食事で満足感を得る方法はいろいろありますが、
選べる範囲で組み合わせ、品目を増やすことがポイントです。
視覚的にも満足度が大きくなりますよ。

コンビニを上手に活用して、
シェイプアップに役立てましょう!

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。