【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック

思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 最近におきましては安全性への配慮から、どのクリニックも割引制度をしていないことがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。

 

レーシックの手術を受けた患者さんが他の人を紹介し、その人がレーシックを受けた場合におきましては、謝礼金が貰える制度が中にはあります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。

 

レーシックにおける紹介制度というのは、友人や知人がレーシックを検討している時に有効的に使いましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。



【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:2017/07/22

一週間くらい前のこと…
今まで聞いた事の無い着信音で
携帯電話が鳴りました

今使っている携帯電話も二年位過ぎたので、
ついに故障してしまったのかな?と思いながら
その携帯電話を覗いてみると…

わたしの想像もしていなかった人からの着信で
その携帯電話は鳴り続けているではありませんか!

「なんでこの番号から電話がかかってるの?」
と思いながら、おっかなびっくり受話ボタンを押してみました。

すると…
携帯電話の画面にメッセージが現れてきました。
テレビ電話接続中…

ドキドキしながら、携帯電話の画面を凝視していますと、
現れた人物は、実家にいるお母さんでした。
後ろにはパパも写っていました。

その時わたしは驚き、驚愕の声を上げ、
携帯電話に向かって、思わず手を振っていたのです。

わたしのお母さんもパパも
聾唖者で全く耳が聞こえません。

だから小さな頃から、
「両親と電話で会話をする事は一生ありえない」
と思っていたんですよね。

近年、お母さんが携帯電話を持ち始め
メールのやり取りはしていました。

わたしにとって、
お母さんが持っている携帯電話は
メールのやり取りツールとしか思っていなかったのです。

わたし自身、携帯電話は、
電話で会話したりメールをするためのツールとしか利用していなかったのですが、
お母さんは違いました。

テレビ電話機能がこの携帯電話にある事を知ったお母さんは、
一生懸命取扱説明書を見たり、
携帯電話に詳しい人に色々とテレビ電話の使い方について聞いて、
お母さん自身も試行錯誤しながら…

こうやってムスメであるわたしに電話をかけてくれたんだな…と思うと
胸が熱くなり、じーんとしながら
両親と手話での会話を楽しみました。