【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。



【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能ブログ:2017/05/14

基本的言語体系というのは、
一人の人間によって宿されるものである。

それはママ以外にはいない。

幼い時にママからしっかりと育てられると、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入ってくるので、
非常に高度な思考や豊かな会話をすることが可能になる。

それに対して幼い時にママを失ってしまうと、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入っていないので、
人の言っていることがよく解らないのである。

我がお子さんの頭を良くしたいからと
早期教育を施そうとしたり、偏差値の高い私立校に入れたりしようとするが、
そういうことはあくまでも技術的なことであって、
知能の発達の基本となるのは、
あくまでもママとの関係の中に存在している。

なので
我がお子さんに基本的言語体系がしっかりと頭の中に入るまでは、
ママは我がお子さんを絶対に手放してはならないのだ。

言葉を覚えるのは、
2歳か3歳頃までには出来るが、
自分の意思表示をしっかりとし、
相手の意見をきちんと汲み取ることができるようになるまでは、
やはり12歳辺りまでかかるものである。

乳幼児がちゃんとした言葉を覚える量は、
教えた人の愛情量に比例する。

赤ちゃんに最も言葉を覚えさせることができるのは、
ママこそが筆頭である。

ママこそが我がお子さんに
最も多くの愛情を持っているがゆえに、
我がお子さんはママの言葉を中心に覚えていく…

パパはその家の家長ではあっても、
赤ちゃんが言葉を覚える作業では、ママに次ぐ存在であって、
どうやってもママに並ぶことはできないし、
ママを凌駕することもできないのである。